ガス漏えい検査、装置工事、本支管工事、水道工事専門会社

株式会社テラハシ ご相談・お問い合わせは:0595-24-6534
非開削工法とは
チェンジパイプ工法
フレックスドリル工法
ハンマーヘッドモール工法
非開削工法作業手順
工事施工例
会社案内

ガス漏洩検査について
お問い合わせ

テラハシ取得資格一覧
  • 甲種ガス主任技術者
  • 2級土木
  • 液化石油ガス設備士
  • 1級管工事
  • 2級管工事
  • 地山掘削作業責任者
  • 土止支保工作業責任者
  • 酸素欠乏危険作業主任者
  • PE管配管作業
  • 車両系建設機械
  • 移動式クレーン
  • 第2種電気工事士
  • 給水装置工事主任技術者
  • 下水道排水設備工事責任技術者

フレックスドリル工法
トップページ > 非開削工法とは > フレックスドリル工法

フレックスドリル工法とは・・・
フレックスドリル工法は、口径200A以下のガス・水道などのなどの配管を非開削で地中に敷設する為の推進機です。
推進延長40〜50m前後に適した都市型の推進機。油圧ショベルの先端にアタッチメントすることが出来る世界で唯一の画期的な装置です。

油圧ショベルのアームを利用することで他の推進機に比べ機動性が向上、今まで困難だった様々な現場への適応が可能となります。また動力源を油圧ショベルから取る為エンジンパワーパックが不要、現場へ積載機器及び導入コストを最小限に抑えました。 (引用:東京産業株式会社様)


特徴
  1. 地上から円弧推進
  2. 立抗を掘削し直進推進
  3. 横方向に360度の首振り機能
  4. 上下に+−80度の傾斜が出来る

  5. 掘削機に取り付け移動が可能
  6. 油圧掘削機から油圧をとる為、エンジンパワーパックが必要ない
  7. 機器がコンパクトで設置が簡易

事業所:三重県伊賀市猪田594-74 TEL:0595-24-6534  お問い合わせはこちらから