ガス漏えい検査、装置工事、本支管工事、水道工事専門会社

株式会社テラハシ ご相談・お問い合わせは:0595-24-6534
非開削工法とは
チェンジパイプ工法
フレックスドリル工法
ハンマーヘッドモール工法
非開削工法作業手順
工事施工例
会社案内

ガス漏洩検査について
お問い合わせ

テラハシ取得資格一覧
  • 甲種ガス主任技術者
  • 2級土木
  • 液化石油ガス設備士
  • 1級管工事
  • 2級管工事
  • 地山掘削作業責任者
  • 土止支保工作業責任者
  • 酸素欠乏危険作業主任者
  • PE管配管作業
  • 車両系建設機械
  • 移動式クレーン
  • 第2種電気工事士
  • 給水装置工事主任技術者
  • 下水道排水設備工事責任技術者
非開削工法とは トップページ > 非開削工法とは
非開削チェンジパイプ工法
白ガス管→PE管 大幅コストダウン
地球に優しい・お客様に優しい
地中に埋設された危険な鋼管を最小限の掘削で、
安全で地震に強いポリエチレン管に入れ替える工法です。
工事のイメージアップ 今、白ガス管が危ない!
施工1 施工2
パイプ位置の確認 白ガス管の撤去
施工3 施工4
PE管の引き込み PE管の引き込み(到達口)
長所
  1. 開削工法に比べ、費用を削減できる。
    (アスファルト復旧費、残土処理、砕石、運搬費など)
  2. 開削工法に比べ、地球に優しい。
    (残土、廃材が少ない。旧管が資源として再利用できる。)
  3. 開削工法に比べ、お客様への迷惑が少ない。
    (部分掘削のため、交通障害が少ない。宅内も最低限の掘削ですむ。)
  4. 開削工法に比べ、工期の短縮が出来る。
    (同じ工事が小規模となる。)
  5. 他の非開削工法に比べ、白ガス管の撤去ができ、今後の維持管理がしやすい。腐食状況が把握できる。
  6. 他の非開削工法に比べ、装置がコンパクトで場所をとらない。
  7. 支管からガスメーターまで同時に対応が出来る。
  8. 他の非開削工法に比べ、旧管と同じ所にPE管を入れるので、他の埋設物の破損が少ない。
短所
  1. 埋設シート、保護砂が入れられない。
  2. 旧管を撤去するので、あらかじめボンベ供給にする必要がある。
  3. 旧管がないと施工できない。

事業所:三重県伊賀市猪田594-74 TEL:0595-24-6534  お問い合わせはこちらから